S207&B4

おお、かっこいいね!!

B4はせめてターボ車があればなあ。

SUBARUフォレスター

昔、初代フォレスターに乗っていました。
SUVなのに結構ピーキーなターボエンジンで面白かったですね。
アメリカでバカ売れしてるようですし、今回のマイナーチェンジでライト回りがかっこよくなりましたね。いずれはまた乗るかもしれません。

スバル・フォレスターの車種情報。アドバンスドセイフティパッケージ、アイサイト(ver.3)、ステアリング連動ヘッドランプなど数々の先進技術を搭載。SUVの本質を追求し、圧倒的な進化を遂げたフォレスターの魅力をご紹介します。

情報源: フォレスター | SUBARU

一番電子化してほしい雑誌⇒京都Leaf

京都の地元誌なんですけど、いろいろな飲食店を紹介している「Leaf」という雑誌があります。

 

発行の頻度も結構あって毎月発行で特集号も度々出ます。結構好きで買っています。

ただこの手の雑誌はできれば電子書籍化して欲しい。外出時にどこかご飯を食べに行こうという事になった時に、電子書籍ならその本が手元になくてもスマホやタブレットでお店が探せてすごく便利だと思います。

また地元紙なんで関西それも京都・滋賀あたりでしか書店で販売していないと思うので、最近は京都の観光客も多いし電子化したら県外の人にも結構売れるような気がします。

電子化、期待しています。!!

国連本会議場

ニューヨークの国連本部は見学できるんですよね。

IMG_0559

ニュースとかでもよく見る本会議場も見学してきました。

アメリカのステーキも美味しいやん!!

日本人はアメリカのステーキというと、価格の安い米国産牛肉のステーキを想像してあまり美味しくなく、国産の霜降り牛が方がずっと美味しいというイメージがあります。私もそうでした。
しかし先月ニューヨークに行った時にウルフギャングというお店に行ってステーキを食べたら認識が変わりました。

「アメリカのステーキも美味しいやん!!」

写真はTボーンステーキです。ボリュームがあります。

image

厚みの結構あって意外と柔らかいです。

image

日本の高級牛肉で箸で切れるような柔らかいステーキも美味しいですが、ウルフギャングのステーキのように絶妙に焼けて香ばしい赤みの肉もすごく美味しく、肉を食べた~という実感がすごくあります。結構量も食べれます。ちなみに熟成肉です。

個人的な好みはあるでしょうが私は結構好きですね。考えてみれば肉を食べる文化は欧米人の方がはるかに長く、日本のステーキが一番おいしいというには思い上がりでしょうね。

ネットで調べると今年に大阪店がオープンしているようです。

これは年内に一度行かなければ。

最上級の品質でこだわりの極上ステーキをご提供する「ウルフギャング・ステーキハウス」公式サイト 六本木店・丸の内店・大阪店

情報源: 大阪店 | Wolfgang’s Steakhouse ウルフギャング・ステーキハウス – Official Website

同性同名

京都には私の名前と同姓同名の陶芸家がおられます。何か月か前に行った和食の店の大将と名刺交換した時に「うちの器は同じお名前の作家さんが作ったものです。」との事。でも私は「みつぐ」、この方は「みつる」さんみたいですね。たぶん自宅も近所のはずです。一度お目にかかってみたいですね。

作陶30周年を記念致しまして,個展を開催いたします。是非、この機会にご高覧賜りますよう、ご案内申しあげます。

情報源: 陶工房:みつる

9月も終わり

ブログのトップページの写真ですが、9月29日の朝に鴨川を走った時に鴨川沿いの遊歩道から撮りました。三条の辺りですね。先斗町の歌舞練場が写っています。京都名物の川床も見えていますがこれも9月いっぱいで終了です。

IMG_1238

京都もこれから本格的な秋になります。