真澄スパークリング

この前、顧問先の社長の自宅で鍋パーティーに呼んで頂いた時に手土産にお酒を何本か買って持参したのですが、その時に参加者から大絶賛だったのがこのお酒。

http://www.masumi.co.jp/sparkling/

いわゆるスパークリング日本酒ですが「え、これほんとに日本酒??スパークリングワインじゃないの??」という感じです。最近は宝酒造の澪というスパークリング日本酒をあちこちの店で見かけますが、澪のように甘くなくすっきりした辛口で段違いの美味しさです。(まあ値段もかなり違いますが)

贈答用に何本か購入しようと思ったのですが蔵元でも品切れですね。

購入されたらかなり炭酸が強いので、栓を抜く時はくれぐれもご注意をしていただきシャンパングラスで!!

税理士事務所でマルチディスプレイにしていない事務所って・・・(以下自粛)??

これは昔からの持論でツイッターで何回も呟いていますが、税理士事務所は全スタッフのパソコンをマルチディスプレイにすべきです。

これはやりすぎかもしれませんが私のディスプレイの環境です。

もちろん私の事務所では全員が2画面のマルティディスプレイ環境です。(一人だけ本人の希望で2画面分が表示できる横長の大型ディスプレイを使用しています。)

うちのスタッフはもうマルチディスプレイ環境じゃないと仕事できないとまで言っています。

税理士事務所でマルチディスプレイの環境だと以下のような使い方が可能です。

  • 会計ソフトを見ながら内訳書・概況書ソフトを入力
  • 会計ソフトを見ながら法人税ソフトを入力
  • 前期の会計データを見ながら今期の会計データを入力
  • エクセルを見ながら会計データを入力
  • 給与ソフトを見ながら会計データを入力
  • 作業をしながらグループウエアを使用 等々

このように税理士事務所は複数のアプリケーションソフトを使いながらの作業がとても多い職種です。従ってマルチディスプレーの環境にすると作業効率が上がり生産性もかなり向上します。

またマルチディスプレイの環境を構築するためには追加のディスプレイが2万円前後、ディスプレイアダプタが5千円前後です。一人当たりこれ位のコストは導入してすぐ元が取れると思います。マルチディスプレイにしていない事務所はそれ位の計算が出来ないのでしょうか?

資金的に余裕のあるはずの大手の税理士事務所や税理士法人でも、ノートパソコンに10キーというかなり劣悪な作業環境で仕事をさせています。

顧問料の単価がどんどん下がっている時代には、税理士事務所も生産性をどんどん上げていかないと経営が難しい時代です。

少額の投資でスタッフは作業が効率よくなってうれしい、所長も作業効率が上がってうれしいとみんなハッピーになれるのに、なぜマルチディスプレイにしないのでしょうか?(強調)

税理士が独立開業してネットやSNSで集客するという事。

税理士でも独立したらネットやSNSで集客しようと考えている人も多いと思います。そう考えている人はぜひこのサイトを一度見てみてください。

美容師が独立3ヶ月で月商100万円。ホットペッパー無し。個人メディアで集客してみた。

情報源: 美容師が独立3ヶ月で月商100万円。ホットペッパー無し。個人メディアで集客してみた。 | 町田美容院の知恵袋

業種は違いますがネットやSNSで集客するにはこれだけの事をしなければならないという見本だと思います。このレベルでのサイトへの投稿、質問者への返答、ホームページの作りこみにはとんでもない時間と労力がかかっていると思います。これなら普通に仕事をして普通に営業をした方がはるかに楽なような気がします。

リアルの顧問先開拓とネットによる顧問先開拓、どちらが楽かといえば圧倒的にリアルの営業だと思います。

独立当初、当時ダイアルアップ回線の時代から事務所のホームページを作ってきた経験からいうと、インターネットでの集客はほんと難しい。

当初はこの美容室のサイトのように、税務相談をホームページで受け付けていました。今とは時代が違うと思いますが全国から質問が来ました。ですが質問に丁寧に答えてもお礼の一言もなしで聞きっぱなしの失礼な人間が続出して、結局馬鹿馬鹿しくなって止めました。

税理士は無償の税務相談でもケースによっては損害賠償の責任が生じ、ましてやメールというはっきりした形でも証拠も残ります。全国的にも無償で税務相談をネットで受け付けている税理士はいないでしょうね。この美容室のような相談から集客というスタイルは税理士事務所は取れませんね。

ホームページでの他事務所との差別化もかなり難しいハードルです。業界でひどい仕事で有名な事務所でもホームページを見ただけでは全く分かりません。ましてや税理士の仕事を知らない一般の人が税理士事務所のホームページを見てもいい事務所かどうかの判断は不可能です。

だからホームページで集客に成功しているのは顧問料の安売り事務所が中心でしょうね。

今ではブログやTwitter、Facebookをやっている税理士も多いと思いますが、実際にSNSで顧問先開拓に成功している人は少ないでしょうね。「ひとり税理士の仕事術」の井ノ上先生レベルならともかく、少なくとも私は顧問先獲得に全く効果を感じません。

ともかく税理士として独立開業してネットやSNSで集客するという事はとんでもなく難しいので甘く考えたらダメです。独立開業するならまずリアルのネットワークをしっかり構築しましょう。

※ネットやSNSで簡単に顧問先開拓はできません。(断言)

 

お勧め映画

オフィスのあるビルのすぐ隣にTSUTAYAがあるため、しょっちゅうレンタルビデオを借りて見ています。結構な本数を年間見ていて、借りて失敗だった映画も結構あります。

そこでレンタルビデオなので少し前の映画ですが、最近自分で見てよかった映画を紹介します。(ネタバレなし)

セッション

ジャズは意外と好きですがそんなに詳しいわけではありません。アメリカのとある音楽学校の教授と生徒の話なんですが、ストーリーはすごくシンプルで引き込まれます。最後の演奏も圧巻です。

チャッピー

なぜか場所は南アフリカなのですが、自意識をもったAIロボットの話です。最初は人間の赤ちゃんと一緒なのですが、すごいスピードで成長していきます。ギャングに育てられてしまうので、ギャングを気取るロボットが笑えます。次回作もありそうな終わり方ですね。

プリデスティネーション

タイムパラドックスものです。最初のバーのシーンはものすごくだるくて借りて失敗したかなあと思っていると、後半にどんどん話が展開していき最後はあっと驚く結末です。ねりに練られた映画という感じですね。

この3本は見ても後悔しないと思いますよ。

陸前高田市

父の実家があった岩手県陸前高田市。この町の被災状況は本当に酷かった。
頑張って復興してほしい。

受賞作品「未来への手紙」「ふるさとCM大賞 in IWATE 2015」で大賞を受賞

Posted by Rikuzentakata / がんばっぺし陸前高田【陸前高田市】 on 2015年11月29日

ノートパソコン物色中です。

何年かぶりにノートパソコンを購入しようかと現在物色中です。候補は次の3機種です。

  • Microsoft Surface Pro 4

Surface Pro 4 は超ポータブル タブレットにもなり、完全なノート PC にもなります。

情報源: Surface Pro 4 – 1 日中使える

  • VAIO Pro 13 mk2

  • NEC LAVIE Hybrid ZERO

NECのノートPC、LAVIE Hybrid ZEROについての製品情報ページです。

情報源: LAVIE Hybrid ZERO|NEC:121ware.com

 

この3機種です。用途は持ち歩けてなおかつある程度仕事ができることです。

Macもいいんですが如何せん業務ソフトもインストールするつもりなので対象外です。

自分の使い方だとストレージの容量やCPUの能力にはさほどこだわらないので、一番低いスペックでも大丈夫だと思います。

Microsoft Surface Pro 4

・タブレット単体なら軽いけどキーボードを付けると意外と重い。
・持っているiPad air2との使い分けに悩む。
・膝の上では使いにくそう。

VAIO Pro 13 mk2

・軽量(1030g)で値段もリーズナブル。
・以前購入したVAIOにいい思い出がない。
・出力端子が豊富なので使いやすそう。

NEC LAVIE Hybrid ZERO

・この中では一番軽い(779g)。
・軽い分バッテリー駆動時間が一番短い。
・事務所の持ち出し用のノートパソコンがNECだけどなかなかいい。

今のところではバランス的に考えたらVAIOかな?実物を見に行ってから決定ですね。まあしばらく悩みます。

京都ぎらい

「京都ぎらい」という本があります。

京都出身の著者が京都人のいやらしさを書いている本なのですが、関西を中心に結構売れているそうです。
私も読みましたがなかなか面白かったです。後半はさすが朝日系の出版社という感じの内容になるのはまあご愛嬌ということで。

今週号の週刊ポストでもこの本を取り上げて「だから京都人は嫌われる」という記事を書いていますね。

情報源: Weekly POST.com

京都でもいわゆる洛中に昔から住んでる人達のプライドはものすごく高くて、特に最近は観光都市として世界一になったり雑誌などの京都特集なども多いためますます図に乗っているそうです。(笑)

まあ京都という町は住んでいる場所によって妙なプライドを持つ人が多いのは確かですね。ただ私のような東北出身者でもたくさんの京都の人にかわいがってもらって今があります。外から来た人には冷たいとかよく言いますが、京都人はそんなにいけずな人ばっかりではないですよ。(笑)

京都のラーメン本

最近はベーシックな京都ラーメンじゃないラーメンが増えてきて来てますね。
個人的には味噌ラーメンの美味しい店が出来てほしいんですが、京都人は細麺が好きな人が多いためか味噌ラーメンの店って少ないんですよね。

LeafのLeafMOOK – 【書籍】京都 滋賀 うまいらーめん。京都の雑誌「リーフ」がおすすめのグルメ店、おでかけスポット、イベントを地元密着で取材編集。

情報源: LeafMOOK – 【書籍】京都 滋賀 うまいらーめん | 京都・滋賀のグルメ、イベント、おすすめ情報「WEBLeaf(ウェブリーフ)」

戦争論

クラウゼビッツの戦争論を昔から読んでみたかったのですが、難解で有名でおそらく挫折しそうなので躊躇していましたが、まんががあるということでkindleで購入。

難解で有名な戦争論を簡単にまとめてあり、すごくよかったですね。原書を読むかどうかはわかりせん。(笑)

しかしこの「まんがで読破」シリーズはいいですね。次はカントやデカルトあたりを挑戦します。